自家用車を売却する時に必要な手続き

スムーズに売却するために

どちらの場合でも必要になる書類

車には、普通自動車と軽自動車があります。
それぞれによって、売る時に必要な書類が変わります。
売りたい車に必要な書類を調べましょう。
先に必要な書類を調べて用意しておくことで、スムーズに車を売却できます。
早く車を売って、現金を入手したいと考えている人もいるでしょう。
売る時に書類が足りないことに気づくと、契約を進めることができません。
お店にも迷惑をかけます。
必ず、書類の確認をしてください。
初めて車を売る人は、どこに何を記入すれば良いのかも分からないと思います。
書類を持っているだけではいけません。
住所や寝名前を書き込まなければいけないので、早めに書いておきましょう。

自動車登録書や、印鑑登録証明書が必要になります。
車を購入した時と現在の住所が変わっている場合は、住民票も用意してください。
その時の状態によっても、必要な書類の種類が変わります。
自分は何が必要なのか、早く調べてください。
ゆっくり準備すれば、忘れることは無いでしょう。

また書類をもらうところも、書類の種類によって変わります。
市役所に行ってもらわなければいけない種類もあるので、役所が開いている時間に訪れてください。
仕事が終わった後に、書類をもらいに行こうと考えている人がいるでしょう。
ですがあまりにも遅くなりすぎると、役所が閉まってしまいます。
あらかじめ何時に役所が閉まるのか調べて、仕事帰りに取りに行けないと思ったら、仕事の合間を抜けて行きましょう。