スムーズに売却するために

>

必要な書類の種類を把握しよう

自動車検査証を用意しよう

今まで乗っていた車がもう必要ない場合は、売ってください。
売るとお金を手に入れられるので、ずっと自宅で車を保管しておくよりお得です。
普通自動車を売る時も、軽自動車を売る時も自動車検査証は必要です。
自動車検査証とは、所有している車がきちんと検査を受けたことを証明する書類になります。
ここに、現在の住所と氏名が記載されているか確認しましょう。

引っ越したり、結婚したりしている人は住所や名前が変わっている可能性があります。
引っ越した人は、住民票も一緒に提出してください。
結婚している人は、戸籍謄本を提出する決まりになっています。
自動車検査証だけ用意して、大丈夫だと油断しないでください。
人によっては他にも、書類が必要です。

自動車納税証明書とは何なのか

お店に行って車を買い取ってもらう時は、自動車納税証明書も一緒に提出しなければいけません。
車を所有している時は、税金が発生します。
税金を納めていることを証明するために、自動車納税証明書が必要になります。
普通自動車の場合は自動車納税証明書という名前ですが、軽自動車の場合は軽自動車納税証明書という名前になっています。

名前は少し異なりますが、内容はどちらも同じなので混乱しないでください。
提出する前に、有効期限に注意してください。
自動車納税証明書には、有効期限が決められています。
有効期限が過ぎていた際は、税金を納めていた証明に使えません。
手続きを進められないので、早く有効期限内の自動車納税証明書をもらってください。


シェアする