スムーズに売却するために

>

お店側が用意する書類がある

お店で渡される書類の種類

譲渡証明書という書類を、まずは書きます。
それは車を売って、他の人に譲ることを証明する書類になります。
売った直後はまだ車の買い手が見つかっていないかもしれませんが、いつ買い手が現れても良いように、前もって譲渡証明書を書いておきましょう。
また委任状も書かなければいけません。

委任状とは、自分の代わりに契約を任せる書類のことを言います。
自分がいない時に車の買い手が見つかった場合、お店のスタッフに契約を任せます。
そのため、委任状が必要になります。
この2種類の書類は、お店側が用意してくれます。
自分で用意しなくて良いので、手間を省けますね。
記入するのも名前と住所ぐらいなので、初めてでもスムーズに書けると思います。

軽自動車の時に渡される書類がある

普通自動車ではなく、軽自動車を売却したいと考えている人は、お店から自動車検査証記入申請書という書類が渡されます。
それを記入して提出すれば、あとで検査をしてくれます。
車に何も問題が無いことが証明されてから、お店で売る形になります。
売却する時の手続きに、欠かせない書類なので必ず記入してください。

仕事で忙しい人は、お店で書類を受け取って時間が空いている時に書けば良いと思っているかもしれませんね。
ですが後回しにすると、そのまま忘れてしまう場合があります。
忘れないため、書類をもらったらその場で記入する習慣を身に付けてください。
書類を渡されたその場で書いてお店のスタッフに渡せば、順調に車を売る手続きが進みます。


シェアする