スムーズに売却するために

>

用意した方が良いと言われるもの

取扱説明書などをセットにしよう

最初に車を購入した時、取扱説明書があったと思います。
売却する時にあれば、査定結果が高くなります。
車の使い方に慣れれば、取扱説明書の必要が無くなるかもしれません。
しかしその辺に放っておかないで、分かりやすいところに保管しておきましょう。
また車をメンテナンスすれば、整備手帳をもらえます。

整備手帳には、車をいつメンテナンスに出したのか細かく記載されています。
きちんとメンテナンスをしていることが証明されれば、安全性の高い車だと分かるので査定結果が良くなります。
高く車を売るためには、それらの付属品があった方が良いです。
分かりやすいところや、すぐに取り出せるところにしまえば大丈夫です。
査定を任せる時に見せてください。

純正の付属品の有無を調べよう

車を購入した当時、カーナなどの付属品が付いていませんでしたか。
自分は乗っている時にいらないと思って取り外したかもしれませんが、純正の付属品がついていた場合は一緒に売ることで価値が高くなります。
純正の付属品とは、車のメーカーが作っているカーナビなどのことを言います。
自分が後から勝手に取り付けた物は、車と一緒に売ってもそこまで高い査定金額にはならないので気をつけてください。

さらに、スペアキーも用意しましょう。
通常はメインのキーと、それを失くした時に使用するスペアキーを渡されます。
両方が揃っていれば、車の価値を高められます。
車の手続きをする時に、カーナビやスペアキーといった付属品が揃っていることを伝えましょう。


シェアする